60歳以上の求人の応募はキャリアを活かす!おすすめ転職スタイル

*

60歳以降で出てくる質問は

   

仕事について

 やはり企業としては本人の口からここまでしてきた仕事に関して聞きたいために高確率で仕事に関する質問は出てきます。面接の場合には職務経歴書のように書くのではなく、本人の口から自由に内容を発することができるため、職務経歴書に書いてあるものよりもより深い内容の答えを話すのがいいでしょう。最もどんな質問が出るかは分からないため、中には死角からの予期せぬ内容が飛んでくることもあります。

 どのような質問が来てもいいように、してきた仕事に対しての答えはまとめておいて「この種類が来たら、こう答えよう」としておくのがいいでしょう。

体調について

 やはり60歳以降となると心配されるのが体のことです。実際に入社前に、入社してすぐに体調不良で仕事ができなくなったのでは問題であるため、こちらの体調を伺う質問が来ることも多いです。問題がなければそのまま問題がないと答えればよいのですが、問題としては実際に体調に何かしらの支障がある場合です。

 そのまま答えると不安に思われて落とされることになるので、通院して症状としては問題ないというように仕事をする上では問題がないことを伝えましょう。

 もちろん度合いの都合で問題がある場合にはそもそも転職活動をしている場合ではありません。先に改善させる努力をしましょう。

【関連記事】
60歳以降で気をつけたいマナー
60歳以降がしておきたい面接対策

 - 面接対策

  関連記事

60歳以降がしておきたい面接対策

健康に気を使い元気で  面接をしてみて暗い雰囲気を漂わせている人間を企業としては …

60歳以降で気をつけたいマナー

「表情」に問題はないか  面接会場に行くまで、会場についてから始まるまで、入室か …