60歳以上の求人の応募はキャリアを活かす!おすすめ転職スタイル

*

60歳以降がしておきたい面接対策

   

健康に気を使い元気で

 面接をしてみて暗い雰囲気を漂わせている人間を企業としてはあまり採用したいとは思いません。特に60歳以降になれば健康面に直結して不安がられるため、その時点で採用は絶望的となります。

 実際に本当に元気がない状態で受けると雰囲気が暗くなるどころか、碌な受け答えもできなくなってしまうので、想定した質問の答えやする質問の内容を考えるのは大事ですが、何よりも第一に日々を元気に過ごそうとして面接の時は明るい雰囲気で挑めるようにしましょう。

 そのために疲れがある時は休んだり、食事に関してもしっかりと食べて挑むようにしましょう。

簡潔に話す癖をつける

 人間というのはどうしても年を取ると長々と話をしたくなってしまいます。特に高齢の人間に多く、面接でも相手のことを考えず一方的に何分も長々と話を続けてしまうことが多いです。場合によってはそれが愚痴や説教にも繋がってしまうことがあるため、聞いていて気持ちのいいものでないことが多いです。面接では長くならずに簡潔に内容を伝えることが大切です。

 普段から長々と話をする人間は面接でもそうなってしまいがちなため、普段から話を簡潔に済ませる癖をつけておくようにしましょう。もちろん相手の話をしっかり聞く癖をつけるのも忘れてはいけません。大抵長々と話をする人間は他人の話を聞かないことが多いのですから。

【関連記事】
60歳以降で気をつけたいマナー
60歳以降で出てくる質問は

 - 面接対策

  関連記事

60歳以降で出てくる質問は

仕事について  やはり企業としては本人の口からここまでしてきた仕事に関して聞きた …

60歳以降で気をつけたいマナー

「表情」に問題はないか  面接会場に行くまで、会場についてから始まるまで、入室か …