60歳以上の求人の応募はキャリアを活かす!おすすめ転職スタイル

*

挨拶が第一印象をつける

   

挨拶はしっかりしましょう。

 入社した際に最初に社員の方たちとするべきことは挨拶です。1日の始まりは挨拶からなので、この挨拶ができるかどうかで相手の印象も大分変わってきます。しかし挨拶もただすればいいというわけではありません。特に高齢者の方になる程、自分より若い世代相手の挨拶になるとどこなく無愛想なものになることが多いです。60歳以降となればそれがより明確に現れることが多いです。

 忘れてはいけませんが、確かに即戦力として技術や経験を買われて入社したのかもしれませんがあくまで入社したということは「新人」も同然ということです。そんな新人に挨拶がない、もしくは挨拶してもどことなく癇に障るやり方となればいい顔はしないでしょう。それでは今後仕事をしていく上で周りと上手くやっていける可能性は低くなってしまいます。

 挨拶はしっかりと相手にいい印象を持ってもらえるようにしましょう。

普段からしていますか

 そして挨拶ができているかどうかは普段の行動にも現れます。日常で挨拶をしない場合は仕事でもしっかりとした挨拶ができない場合が多いです。

 確かに60以降になると、普段あまり挨拶をする機会がないという人もいるかもしれませんが、仕事をするのであれば家族に知人、近所の人と挨拶をして挨拶慣れをしておきましょう。

【関連記事】
円満退職をして次に備える
入社式の自己紹介について

 - 退職・入社

  関連記事

円満退職をして次に備える

60歳以降の円満退職  60歳となればもう定年間近であるため、企業としても相手が …

入社式の自己紹介について

長々と話さないように簡潔に済ませましょう  入社式での自己紹介は自分というものを …