60歳以上の求人の応募はキャリアを活かす!おすすめ転職スタイル

*

円満退職をして次に備える

   

60歳以降の円満退職

 60歳となればもう定年間近であるため、企業としても相手が退職の意思表示をしてきたとなれば頃合いだと感じて素直に受け取ってくれる場合が多いでしょう。そのため円満退職自体は難しいことではなく、むしろ引き止められる可能性がある世代に比べれば簡単な方であります。

 しかし実際に円満退職をするのであれば、この年齢でもやるべきことはしっかりとやっておく必要があります。それをしないで退職すれば企業側でトラブルが起こってしまい、それによってこちらに不快な印象を持たれてしまうことになります。そうなれば転職先での仕事に支障が出る可能性が高いです。それだけでなく退職手続きの最中に企業とトラブルになると、退職自体にも必要な書類を渡してくれない等影響が出てしまうため、円満退職は狙っていく必要があるのです。

 折角ここまで企業に貢献してきたのですから、最後の最後で台無しになるというのは本当に勿体無いことになります。長く仕事をしてきた最後の時だからこそ気を抜かずに自分の務めを果たしていきましょう。

円満退職ができない場合も?

 しかし円満退職をすること自体は簡単ですが、ここまでの企業との付き合いによっては話が別になる可能性があります。もしあまりいい状態でないまま、今日まで仕事をしてきたとなれば、何かしら相手からの嫌がらせが来る可能性もあります。

 これに関しては企業側に問題が存在する場合もあり、この場合にはもう円満退職は諦めて、法的手段を取るなりして退職を考えるしかないでしょう。一方で自分が原因となる場合もあるため、そうならないように今日までの仕事はこなしていきましょう。

【関連記事】
挨拶が第一印象をつける
入社式の自己紹介について

 - 退職・入社

  関連記事

入社式の自己紹介について

長々と話さないように簡潔に済ませましょう  入社式での自己紹介は自分というものを …

挨拶が第一印象をつける

挨拶はしっかりしましょう。  入社した際に最初に社員の方たちとするべきことは挨拶 …